ジャパンキャンピングカーショー2018

TOP > トピックス > 120%楽しむキャンピングカーショー

120%楽しむキャンピングカーショー

COLUMN

120%楽しむ
キャンピングカーショー

CHECK 1― ズバリ、キャンピングカーショーの見どころ!

史上最多となる360台以上のキャンピングカーが集結する「ジャパン キャンピングカーショー2018」は、キャンピングカー業界の1年を占う年始めのビッグイベント。ショーの開催に合わせてデビューするニューモデルも多く、最先端のキャンピングカーと最新トレンドをいち早く体験できます。昨年を超える規模で実施される「レンタルキャンピングカー試乗会」も、キャンピングカーを実際に運転してみたい人にとって絶好のチャンス。同時開催の「ジャパン トレーラーハウスショー2018」など、ほかにも見どころが目白押しです。

CHECK 2― アドバイス(持ち物・服装など)

一般的なカーショーのように展示されたクルマの外観を見学するだけではなく、車内に乗り込んでキャンピングカー特有の生活空間を体験できるのが、キャンピングカーショーの魅力です。ただし、キャンピングカーの車内は、基本的に土足禁止。見学の際は、靴を脱いだり履いたりする機会が多いので、できるだけ脱ぎ履きのしやすい靴で会場を回るのがお勧めです。キャンピングカーの購入を検討している人は、記録用のメモやカメラ、ビデオカメラ、各部のサイズを測れるメジャーなどを持参するとよいでしょう。

CHECK 3― 見積もりのススメ

車両本体価格とオプション価格は自分でも計算できますが、税金や保険、諸費用を含む正確な合計金額は見積もりを出してみないとわかりません。気になるモデルがあったら、まずは気軽に見積もりを依頼してみましょう。見積もりをとって購入金額が明確になれば、より具体的な比較・検討が可能になります。ショー期間中は、オプションパーツのサービスやローン金利の優遇といったキャンペーンが行われていることも多いので、会場で商談~契約を進めてしまうのもひとつの手です。

CHECK 4― ペットと一緒に楽しめる!

大切なペットと一緒に入場できるのが、「ジャパン キャンピングカーショー」の特徴です。宿泊場所に悩むことなく、ペットを連れて気軽にお出かけやクルマ旅を楽しめるのがキャンピングカーのメリット。企画ゾーンでは、そうした「ペット旅」をテーマにしたエリアも開設され、ステージやドッグカフェ、ペット旅仕様のキャンピングカー展示などを通して、“ペットとの生活をより充実させられるキャンピングカーの魅力”を体験できます。

「ジャパン キャンピングカーショー2018」は、ただクルマを並べて展示するだけのショーではありません。車両展示、ステージ、企画ゾーンが一体となって、キャンピングカーの“魅力”や、キャンピングカーの“楽しみ方・使い方”を総合的に表現する、ビギナーからコアユーザーまで楽しめる体験型イベントです。ぜひ会場に足を運んで、「キャンピングカーの世界観」を感じてください。

岩田 一成

キャンピングカーライフ研究家
/キャンピングカーフォトライター

家族と行くキャンピングカーの旅をライフワークとしており、これまでに800泊以上のキャンプ・クルマ旅を経験。キャンピングカー専門誌でスーパーバイザーを務めるほか、雑誌やムック、WEBでキャンピングカーに関する記事を多数執筆。著書に『人生を10倍豊かにする 至福のキャンピングカー入門(マガジン大地刊)』がある。
http://www.iwata-kazunari.com/

すべてのトピックス