2017年2月2日(木)〜5日(日)幕張メッセ

トップページトピックスPEACE LIFE PEACE PETペット&防災

PEACE LIFE PEACE PETペット&防災

「いざという時、どうやって避難すればいい?」など、非常時について考えるエリアが登場。
ボランティア団体による車中泊車両や仮設避難所の再現コーナーでは、避難生活の一部を再現。
熊本地震で避難所として活用された大型テント「バルーンシェルター」も設営され、
エコノミークラス症候群の予防法や、正しい車中泊のポイントの伝授も。
キッチンカーやトイレ・シャワーカー、防災設備を整えたキャンピングカーも展示。
災害救助犬やレスキュー隊による人命救助の実演が見られる。

キッチンカー

キッチンカー


トイレシャワーカー

トイレシャワーカー


水陸両用トレーラー

水陸両用トレーラー

■バルーンシェルター
balloon
「バルーンシェルター」は、自然災害や紛争などの緊急時に被災者たちが避難所として過ごせる大型テントです。災害地や紛争難民を支援する認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が現場経験を活かし、繊維メーカーの帝人と共同開発しました。空気で膨らませる仕組みで、2基つなげれば80人分のシングルベッドや通路が確保できます。
防風や防火に適した素材が施され、1基あたり約60kgと軽いため倒壊によるけがの恐れもありません。PWJはこれまで、インドでの震災支援やアフガニスタン避難民支援、国内では熊本地震、新潟県中越地震などの現場でバルーンシェルターを活用してきました。

■瓦礫、被災体験コーナー「大規模災害、あなたならどうする!?」
0001
大規模災害が発生し、実際に被災した場合、どういった行動をとるべきなのか。
けが人への応急手当や避難所での生活の様子などを実際に体験してみよう。

■ピースウィンズ・ジャパン活動紹介
0002
ピースウィンズ・ジャパンは「必要な人びとに必要な支援を」をモットーに1996年かられまで、世界28カ国・地域で活動を展開しています。
国内では動物保護事業のほか、医療、産業振興、芸術・文化などを含む様々な分野で、公共サービスの有力な担い手として認知されることを目指しています。

■『いっしょに逃げてもいいのかな? ~いぬと、ねこと、わたしの防災~』巡回展
nigetemo
ペットの同行避難について。飼っている人飼っていない人も災害時どんなことがおこって、どんなことが事前にできるのか。
そもそも、いっしょに逃げてもいいの?
災害時のシミュレーションと今後の課題等をイラストでわかりやすく展示。
昨年4月に東京世田谷区で開催されて以来、全国からの反響が多いミニ巡回展となります。
http://leonimal.aisocial.jp/bo-sai/

■LEONIMAL BO-SAI リュック型ペットキャリー「GRAMP」展示販売
3
「動物に誠実な飼い主になろう」をコンセプトとするLEONIMALによる、人とペットの防災を考えるプロジェクト「LEONIMAL BO-SAI」。ペット防災の第一人者による監修とプロダクトデザイナーチームのタッグにより生まれた、リュック型ペットキャリー「GRAMP」をご紹介します。災害時にもペットを思いやれる、そして日常でも居心地の良い空間となるGRAMPを手に取ってご覧ください。
ペット防災の基本BOOK『いっしょに逃げてもいいのかな?』書籍も販売します。
http://leonimal.aisocial.jp/products/gramp/

■軽防災車両
f1f2f045-759b-471f-8059-c7597ee7f618
スズキエヴリーをベースに乗車定員2名に構造変更。
出先での資料作成に、現場でのデータ処理に、休みの日はレジャーに様々な分野での使用が可能。
・500wh可搬型蓄電池システム+公称最大出力155wソーラーパネル搭載
・車両後方に取付けられているコネクターから、AC100Vでも充電可能
・事務作業用の机と椅子
(900×450の机は折り畳んで床下に収納することもできる)
・大型収納、引き出し
・1人簡単に横になれる折りたたみ式マット

■車中泊
_mg_2988s
N-BOX カスタム
災害時の車中泊仕様の車(軽自動車)を展示、NHKのテレビ番組「あさイチ」で紹介された「防災に特化した車中泊」の内容(車両及びギア)を会場で直に見ることができます。

■書籍販売
車中泊専門誌「カーネル」や関連の別冊ムックのほか、釣りやトレッキングなどのアウトドア雑誌・書籍を販売いたします。
conbini_h1s

その他の最新情報をチェック!